遺言について

遺言とは

遺言とは自分の死後に一定の効果が発生することを意図した個人の最終意思が一定の方式のもとで表示されたものです。その意図された効果の発生が法秩序により保障されます。

 自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言、特別方式による遺言があります。

 

 遺言など必要ないと思っている方も多いかと思います。財産が少ない、兄弟姉妹仲がいい。しかし財産があまりなくても、それまで家族みんなが仲が良くても、争いが起きて、争族(そうぞく)となってしまうことは多々あるのです。


「お世話になったあの方に財産を残したい。」

ぜひおまかせ下さい。

ご自身の死後、大事な財産がご自身のご希望通りになるように、そして大切な残された方々のためにも遺言書の作成をおすすめします。

ぜひお手伝いさせて下さい。

自分で作成できる方法は?


自筆証書遺言

遺言者が遺言書の本文、日付および氏名を自分で書き(自書)、押印して作成する方式の遺言です。

誰にも知られずに作成することができ、費用があまりかかりません。

しかし方式不備で無効になる、発見されない可能性、偽造・改ざんの危険性があります。

家庭裁判所による検認手続きが必要です。

確実に遺言を実行できる方法は?


公正証書遺言

遺言者が遺言の内容を公証人に伝え、公証人がこれを筆記して公正証書による遺言書を作成する方式の遺言です。

専門家である公証人が関与するので、方式不備による事後的紛争を回避でき、遺言書は公証役場に保管されるので、偽造・改ざんの危険はありません。家庭裁判所での検認の手続きは必要ありません。

しかし、費用がかかり、遺言の存在と内容が明らかになるおそれがあります。


秘密証書遺言


遺言者が遺言書を作成し封印し、内容を秘密にしたまま、その存在を公証人に証明してもらう方式の遺言です。

偽造・改ざんの危険性はなく、自分で署名押印さえすればいいので、パソコンで作成や代筆もかまいません。何らかの理由で秘密証書遺言と認められなくても自筆証書遺言の条件を満たしていれば、有効な自筆証書遺言と認められます。

しかし、手続きは煩雑で遺言としての要件が欠けて無効となる可能性があります。

家庭裁判所による検認手続きが必要です。